近所の気ままなゆるブログ

アラサーの男が趣味全開でお送りするブログ。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

近所の気ままなゆるブログ

はてなブログからワードプレスへ移行増加!Hatenaの経営って大丈夫なの?

どうも。はてなブログ1年半の近所です(´・ω・`)

 

はてなブログでは流出が激しく移設する方が続出していました。

今回はこの流出が多い事について【株式会社はてな】として収益とかは大丈夫なの?問題ないの?

 

ってわけで経営的な視点から見てみよう!ってひねくれ企画です。

 

 

 

はてなブログからの移行増加の原因は何?

 

  • デザインに制限がある
  • はてブなどの仕様変更
  • SSLへの対応がすこぶる遅い(外的変化に弱い)

 

大体この3つが要因で最近特に多い理由は3番目

 


1番はHTMLとかCSSが出来る人からするとデザインの制限が激しいらしいですが、その辺は近所は良く知らないのではてなのHTMLですら使いこなせてません。

 

 

2番目については昔は投稿からすぐに3はてブが付くと新着に載るとかあったんですが、最近はそういうのが無いらしい。(もっと数が必要になった、昔ほど効果が無くなった等々)

 

 

そして問題の3番目が10月よりGoogleがSSL化していないサイトは「保護されていません」と表示すると発表し、それに対する対応の遅さに痺れを切らした方々が大勢いらっしゃる事。

 

 


はてなの発表では

第一段階:はてなブログのダッシュボード・管理画面をHTTPS化します
第二段階:はてなが提供するドメインのブログをHTTPSで配信できるようにします
第三段階:独自ドメインのHTTPS化に対応します

 

 

となっており本来11月には第二段階が終了する予定でしたが、実際終了したのは今年の2/22。

 

進捗状況はがっつり遅れてます。

 

 

特殊な手順を踏めば独自ドメインのはてなブログでもSSL化できるらしいんですが凡人の近所にはさっぱり理解できませんでした。

 

 

そして何よりお金を支払ってPRO契約している独自ドメインの対応が一番後ろと言うところもあって、金額的にも大差ないしそれならこの機会に興味あったワードプレスに・・・

 

 

と言う方が多くいらっしゃる様子です。

 


しかしはてなPROの方が1人流出するという事は、はてなとしても利益に直結するから大変なのでは・・・?と思いましたがどうやらそうでもない様子・・・。

 

 

IR情報から見るにはてなの経営は絶好調!

 

※7月度のIR情報が最新なのでそこからの情報となります。

参考資料はコチラから

Hatena 2017/7 決算説明資料(pdf)

Hatena 2017/7 決算説明質疑応答(pdf)

 

 

ユーザー数は総勢618万人と日本の19人に1人がはてなブログユーザーと言う事になります。

 


無料会員は全く収益に関係してないのかと言うとそうでもなく、無料会員には広告が貼られており、その広告収入ははてなに入るはず。

 

 

また一般会員からの収益もさることながら、はてなではBtoB(※1)の事業が好調で、個人向けのはてなブログの技術を応用したオウンドメディア(※2)を38件手掛けています。


※1・・・business to business。会社と会社の取引
※2・・・企業が持つSNSなどの事。

 

 

さらにはてなが開発した独自サーバーの運営や、他業種との連携でスプラトゥーンのサービス企画や開発を担当するなど、「ブログ」と言う垣根を超えたBtoBがかなり調子が良い様子。

 


特にオウンドメディアに関しては説明を見る限り、記事やデザインの編集にちょっと知識のいるワードプレスと違い、直感的に操作できる上に、はてながコンサル的に色々してくれる作業もあります。

 


これにより企業側はかなり手軽にサイト運営が出来るますし、サーバーもはてなが持ってるので、その辺の複雑な知識が無くても大丈夫で手間いらずってわけですね。 

business.hatenastaff.com

 

 

この画面見る限り個人用と操作は一緒っぽいね

 


BtoBが拡大したことにより収益も前年比150%の3.5億円とかなり堅調な右肩上がり。

 


決算説明の質疑応答でこの様な質問が出たみたいなので、BtoCよりBtoBに関する説明が多かったんだろうな。と察する所もあります。

 

 

Q:今後は BtoC よりも BtoB 向けに軸足を置いていくのか。
A:BtoB 分野だけではなく BtoC 分野でも事業拡大や新規事業の創出を推進していきたいと考え
ております。

 

 

IR情報から見るBtoBの強さ

 

文面的な強さの次は売り上げ的な強さを見てみましょう。
※コストなどは一切考えず売上だけで見ます。

 

全体売上は2016年7月は15.6億だったのが、2017年7月で18.9億と21%の増収。

何か一つが爆発的に伸びたわけではなく、全ての事業が20%前後の伸び率でした。

 

テクノロジーソリューション

まず一番の稼ぎ頭のサーバー事業(※)などですが、これはサイトを見てもかなり専門的な感じで凡人には意味わかりませんでした。
(※IRではテクノロジーソリューション)

 


ここにスプラトゥーンとか集英社のweb漫画が入ってるので、裏側の技術開発系と思われます。

 

IRでは新規採用予定23人の7割を開発・制作で採用とある為、この分野にかなり力を入れようとしてるのがうかがえます。

 

このテクノロジーソリューションの売上が6億8300万円。で全体の36.1%

 

コンテンツマーケティング

その次の稼ぎがオウンドメディア関連(※)で、現在38件を手掛けて6億2900万円。売上比率では33.2%。
(※IRではコンテンツマーケティング)

 

コレにはリニューアル費用とかそういった売上諸々入っているので、ある程度の上下はありますが単純に1件あたり1600万の売上という事に。

 

ココのシステム開発はそのまま個人向けはてなブログにもつながってると思われるので、開発・制作関連の新規採用が全てBtoBの為と言うワケではないハズ。

 


つい最近掲示のあった「過去記事をコピーして新しく作れる」とかもオウンドメディアでは非常に良く使いますからね。

 

コンテンツプラットフォーム

そして最後に一般向けのはてなブログ(※)が5億7900万円。売上比率30.6%。
(※IRではコンテンツプラットフォーム)


さてさて・・・総勢618万人が利用してるので一般もPROもごちゃ混ぜにした1人当たりの収益はおいくらかな?


と計算するとまさかの1人あたり93.5円(年)

 

 

いやいや、PROの1年契約でも月単価700円とかなのに?

 

 

と思いましたが、広告収入がたっぷりある人は大体独自ドメイン(PRO)で運営していて、広告収入はブログ主に入るのでPROの700円で賄い切れていない。

 


アカウントはあるけど、無料会員で早くに辞めたけど消してはいないので、アカウントは残るが記事からの広告収入も無い・・・っていうのも多い。

 

って事でしょうか。

 

よくよく考えたら広告収入で月700円って、1日どころか半日で稼いじゃうPRO契約のブログも多いでしょうから。

 


一般向けのはてなブログは初期投資もいらないから始めやすい反面、お金かからないから飽きたらすぐ辞めるって人も多いんでしょうね。

 

 

まとめ

今後の計画で「次の10年を戦えるITインフラづくりへ、投資ペースを加速」と銘打っています。

 

具体的にははてなブックマークなどの創成期からのサービスの刷新やインフラ強化などを掲げ、新規開拓なども積極的に行うとの事です。

 

 

ただこのIRが7月の資料なのでまだSSL化とか何も出て無かった頃です。

 

一般ブロガーの流出が続いてるのでこの時の試算からはちょっと誤算かも知れませんね。

 

 

そうは言っても他の事業が絶好調なので流出しまくっても、今のところは大きい痛手ではなさそうですね。

 

雑記をはてなで、特化をワードプレスで運営していますが・・・

 

コスパの面からどうせならどっちかに統一した方が良いのは百も承知。

 

 

ですが・・・・・

 

 

ワードプレスの移行作業めっちゃ面倒やん。

 

 

ブログカード修正とか読んでるだけで心折れたわ。

 

 

はい。実はサブブログの立ち上げの際に一回ちょろっと統一を考えましたが心をバッキバキに折られました。

www.kinjyo8835.com

 


パーマリンクとかもそうなんですが、何よりはてなで使っていたものは張り直しの可能性が大と聞いてやる気が失せました。

 

 

もう少しお金にゆとりが出来次第プロに頼むのも考えてます。

 

コレが大きな障害ではありますが、結局はてなブログがSSL化した際に、もしかするとはてなブログ内でも貼り直しやって下さいとか言われる可能性も残ってますけどね・・・。

 

 

無いと信じてますよ。はてなさん・・・

 

 

ワードプレスでのサブブログ運営についてはこちらの記事をどうぞ! 

www.kinjyo8835.com

www.kinjyo8835.com

www.kinjyo8835.com